賃貸物件の連帯保証人と保証会社の役割について

連帯保証人の役割は、契約者と同じ義務を負うこと

賃貸物件の連帯保証人とは、簡単に言えば「もしものとき、契約者の代わりに責任を取ってくれる人」です。契約者が家賃を払ってくれない、壊した設備を弁償してくれないといった場合には、物件のオーナーは連帯保証人に対して支払いや弁償を求めることができます。単なる「保証人」であれば拒否することも可能ですが、連帯保証人は必ず応じなければいけません。連帯保証人になるということは、「契約者と同じ義務を負う」ことに同意したと見なされるためです。よって、連帯保証人は一般的に「2~3親等以内の親族」から選ぶように指定されます。ただし、親族であっても収入が低い、あるいは全くない場合には連帯保証人として認められない可能性が高いです。

保証会社の役割は、連帯保証人の役割を肩代わりすること

最近は核家族化などによって、親族から連帯保証人を立てられない人も増えています。そんなとき、親族に代わって連帯保証人としての役割を果たすのが「保証会社」です。保証会社と契約していると、家賃を支払えなくなった場合には立て替えてもらえます。また収入が低くて入居審査になかなか通らない人も、保証会社を利用することで部屋を借りられる可能性が上がります。ただし、当然利用には料金が掛かるため、連帯保証人を立てた時よりも金銭的な負担は増える点がデメリットです。また立て替えてもらった家賃分を返済できなければ、保証会社に訴訟を起こされるリスクもあります。保証料や家賃滞納時の対応は会社によって差があるため、よく確認してから契約するようにしましょう。