賃貸物件の入居審査の基準とは!?

入居前に行われる審査とは

住みたい賃貸物件を見つけて申し込んだならばすぐに入居することができるわけではありません。大家や不動産会社から入居前に審査を行われます。本人確認書類や連帯保証人に関する書類、勤め先に関する書類などを提出することになるでしょう。これらは、入居する人がトラブルを起こさない人か、安心して貸し出すことができる人かを判断するために行われるものです。そのため、夜勤が中心の人や未婚のカップルなどは、ほかの住人との生活スタイルのずれや家賃の未納を考慮して断られる可能性があります。審査に通りたいのならば、まずは信用されることが重要です。入居を申し込む際には、衛生的な身なりを心掛けるとともに、高圧的な態度や非常識な態度をとらずに行動するとよいでしょう。

支払能力の有無が重要

入居審査の際に最もチェックされることは、家賃をしっかりと支払うことができるのかということです。そのため、支払い能力の有無を確認するために、本人の勤め先の確認をするとともに、連帯保証人の勤め先の確認もしっかりと行われます。勤め先に在籍しているかどうか、勤続年数は何年かなどの確認をされるでしょう。安定していると入居審査が通りやすい傾向があり、公務員や大手企業の正社員ならば高確率で通過します。反対に不安定な雇用形態の場合や失業中の場合などは審査が通らないかもしれません。通過基準としては、家賃が収入の3割以下であることといえます。この基準を満たしていないと、絶対に通過しないということでもありません。1,2年程度の家賃分の貯金があるならば通貨する可能性が高いです。