賃貸物件の入居までの流れをご紹介

物件を内見、そして契約

賃貸物件に入居するには住みたい物件を探すことが大事で、不動産屋さんに行って住みたい地域や駅そして家賃などの条件を伝えましょう。条件を指定することで、希望に合った物件やそれに近い条件のものをリストアップしてくれます。それぞれの物件の詳細な間取り図などを見せてくれるので、住んでみたい所を見つけます。その後都合が良ければ、そのまま内見に行けるのでいくつか候補を見繕っておくことが大事です。気に入った所が合ってもすぐに契約できるわけではなく、入居の申し込みをして審査に通る必要があります。審査に通れば契約書に署名したり住民票など必要な書類を準備し、それらの書類を提出して入金を済ませれば鍵を受け取り入居できるようになります。

入居までにしておくこと

入居に関しては契約が完了すればいいですが、はじめて一人暮らしをする場合は生活に必要な道具を揃えることが大事です。入居当日に鍵を渡され、部屋に行っても物はなにもありません。冷蔵庫や洗濯機など日常生活に必要な生活家電、テーブルや布団類といった家具類も欠かすことができないものです。一日ですべてを揃えるのは大変で、当日に配達してもらうのは難しいです。そのため契約書が届いて入居日が分かった段階で、その日に配達してもらえるように準備しておくことが大切になります。家電類がないのであればまだどうにかなりますが、寝具がないと十分な睡眠が取れません。これらの生活するうえで必要になる物を準備することが、入居日までにしておくことです。